くぼたつのビジネスセミナー・講演・研修・企画制作・コンサルティング|株式会社イッツ

サイト内検索:
くぼたつ式思考カード54 新しいことを考え出す知恵と技術

くぼたつ流発想ノウハウを惜しみなく公開! アイデア発想脳を鍛えられる一冊!

くぼたつ式思考カード54 新しいことを考え出す知恵と技術(2016/インプレスR&D)

くぼたつ式思考カード54 新しいことを考え出す知恵と技術 (NextPublishing)

 くぼたつ式思考カードは、プランナーのくぼたつこと久保田達也が40年間の企画業務で実際に使っている思考方法を54枚の絵にまとめたものです。日常的な思考やアイディア出し、アイディアを整理・編集して提案を完成させるまでに役立つ方法を網羅しています。新しいことを考え出すことは、世の中を変える発明や社会課題を解決するイノベーションの源泉です。時間に追われ、情報に振り回され、じっくり考える時間がないと感じている人も、カードの絵をヒントに考える習慣を身につけ、オリジナルの発想を目指しましょう。(書籍紹介より引用)

書籍データ
タイトル くぼたつ式思考カード54
新しいことを考え出す知恵と技術
出版社 インプレスR&D
発行年 2016年5月
価格(税込) 1,080円(kindle版)/1,620円(書籍版)

kindle版を購入 書籍版を購入する

知の現場(共著)(2009/東洋経済新報社)

知の現場 仕事の進め方、情報の接し方、テーマの選び方…
21名の賢者が語る「知的生産・私の流儀」。

 近年激動する経済情勢下に、ビジネスマンのみならず、あらゆる階層の人たちは自らを磨き、学ぼうとする意欲とその必要性に迫られている。その中で、普通のハウツウ本では容易に身につかない知識の習得と発信できる知恵を、何とか得てみたいとの願望が根強いのが実状だ。本書は、寺島実郎氏、小飼弾氏、小山龍介氏など知的生産のスペシャリストとして高名な20名の、書斎やオフィスを訪ね、「知の構想」現場を取材。彼らの「知」に対する熱い思い・視点は、向上心の高い読者の知的生産のための指針と大きなヒントとなるはずである。(理想書店 書籍紹介より引用)

書籍データ
タイトル 知の現場
出版社 東洋経済新報社
発行年 2009年12月
価格(税込) 1,680円(書籍版)/800円(電子書籍版)

この本を購入する 電子書籍版をhontoで購入

ひらめきが加速する 企画エクササイズ(インプレスR&D)

kikaku_exercise150.jpg 脳内脂肪を燃やす発想の新体操68本!

 企画のもとになるアイディアは日常の関心事から生まれてくるもの。そのアイディアと消費者ニーズが重なったときに、企画は成立します。プランナー「くぼたつ」こと久保田達也による、企画を立てるプロセスで実践する方法を「発想」「共有」「表現」「思考」「分析」の5章立てで紹介。いますぐできる脳のトレーニングを68プログラム用意しました!
(インプレスR&D 書籍紹介より引用)

書籍データ
タイトル ひらめきが加速する 企画エクササイズ
出版社 インプレスR&D
発行年 2007年9月
価格(税込) 1,659円

この本を購入する

くぼたつのIT個人武装術(電子書籍のみ)(2003/インプレス)

cover_16.gif  夕刊フジ(産経新聞社)連載中のコラムから20〜30代のビジネスマンに役立つIT実践ノウハウ35篇あまりを抜粋。IT時代を生き抜く武装術が詰め込まれた「指南書」だ。

書籍データ
タイトル プランナーくぼたつのIT“個人武装”術
出版社 インプレス
発行年 2003年4月
価格(税込) 525円

企画とプレゼンの技術(2002/日本実業出版社)

cover_15.gif  企画ノウハウとIT活用ノウハウの融合による企画ビジネスを解説しています。企画とはアイディアをビジネスにする技術、特にアイディアをいかに出すかを重視した内容になっています。IT活用とはインターネットなどネットワークをビジネスに応用する技術、近未来ネットワーク技術であるユビキタスやブロードバンドなどの最新技術の実践的検証とビジネス利用を重点的に体系化しています。

書籍データ
タイトル 企画とプレゼンの技術~アイディアを導き・上手に伝える
出版社 日本実業出版社
発行年 2002年7月
価格(税込) 1,575円

この本を購入する

新版 勝てる企画の技術(2001/ダイヤモンド社)

cover_14.gif 勝てる企画のコツは本書から学べ!本書は企画をする上での心得から始まり、組織創り、アイディアのストック法、発想術、情報収集、コンセプトシートの活用、企画書の基本構造、そしてプレゼンに必要なことなどについて、久保田流の方法をまとめている。一流の企画ネタは、新鮮な感動と体験から生まれる!くぼたつの熱いメッセージ満載の本書と、自らの熱いハートを持って、外の世界へ一歩飛び出して欲しい。プロの思い入れたっぷり、勝てる企画書実物も多数公開!!

書籍データ
タイトル 新版 勝てる企画の技術~久保田達也の一流企画書の創り方・見せ方
出版社 ダイヤモンド社
発行年 2001年12月
価格(税込) 1,470円

この本を購入する

これでいいのだIT革命(2001/インプレス)

cover_13.jpg IT化の時代に組織はいったいどのような体制に変化するのだろうか。それは創業集団としての道を目指すことになる。顧客の望む世界を見極め、アイディアや知恵を出し合って新製品、新サービスを開発し、世に提供するクリエイティ ブ集団となるのだ。「三人寄れば文殊の知恵」が明日の組織だ。天才でない普通の人が勝負するためにみんなでアイディアを出し合い、1+1=∞をすることこ そが、組織が組織である所以となる。だからネットワーク時代には、情報の共有から、さらにアイディアの共有へと組織活動の重点を進化させることになると筆者は思う。本書はそのような手法を具体的に紐解いてみた実践ガイドである。「安くて簡単なほど役に立つ。社員の創造力が全開になるのが本当のITだ」。

書籍データ
タイトル これでいいのだIT革命~社員みんなで明日からできる
出版社 インプレス
発行年 2001年1月
価格(税込) 1365円(書籍版)/945円(電子書籍版)

この本を購入する

インターネットで創る企画の技術(1999/インプレス)

cover_12.gif
 企画とは本来、人間らしいアナログ発想と、その描いたビジョンをビジネスに発展させていく楽しき仕事であるが、アナログ発想とデジタル通信を融合した解説書は今までになかった。本書の内容は、デジタル技術の急激な進化に左右さ れずに、インターネットを自在に使いながら企画を実現するノウハウを筆者の実践にもとづいてまとめている。個人スキルを上げたいビジネスマンや、これから個人ビジネス(SOHO)を始めようと思う方々に役立てていただきたい。

書籍データ
タイトル インターネットで創る企画の技術
出版社 インプレス
発行年 1999年8月
価格(税込) 1470円(書籍版)/945円(電子書籍版)

この本を購入する

インターネット・ビジネス(1996/丸善出版)

インターネット・ビジネス 従来は商品や情報を広めたり集めたりするのに組織が必要だったが、これからはコンピューターネットワークがその機能を肩代わりしてくれる。インターネットという新しいコミュニケーションツールによって、ビジネスの仕組みや社会の構造、個人の生活が大きく変わり始めており、いつかは誰もがインターネットの世界に飛び込まなければならないだろう。
大切なのはインターネットとは何かを語ることではなく、インターネットによって世の中がどう変わるかということを理解し、これからの時代をどう生きていけばいいのかを知ることである。そして何よりインターネットを活用することである。本書は、どう活用するか?その活用術として書いたものである。

書籍データ
タイトル インターネット・ビジネス
出版社 丸善出版
発行年 1996年6月
価格(税込) 693円

この本を購入する

プロの企画書 見せ方 創り方(1993/ダイヤモンド社)

プロの企画書 見せ方 創り方 本書は、今から企画を始めようとする人や、20代のビジネスマンでやっと仕事を覚え、これから自分の考えを会社に企画書として提出しようと考えている人のために、書かれたものである。企画書の基本項目を中心に、一つ一つそのノウハウをわかりやすく書いてある。本書を参考に企画書製作を進めて行けば、自分のアイディアから、それを企画書のレベルまでまとめることができる。まずは基本をマスターし、後は場数を踏んで自分なりの企画書に工夫していって欲しい。
 後半部には、あのヒット企画の企画書を大公開…!

書籍データ
タイトル プロの企画書 見せ方 創り方~久保田達也が伝授する一流企画コツのコツ
出版社 ダイヤモンド社
発行年 初版:1993.1
5版:1996.3
価格(税込) 1427円

この本を購入する

勝てる企画の技術 久保田達也の一流企画書の作り方・見せ方(1992/ダイヤモンド社)※韓国語版もあり

久保田達也の一流企画書の作り方・見せ方 本書は企画能力の基本要素である
1.企画にハートがあること
2.企画書が書けること
3.プレゼンのテクニックがあること
を図解とフォーマットで詳しく紹介している。というのも、今後の日本企業の担い手として重要なポジションにいる入社してすぐのビジネスマンの多くが、それら基本的要素に欠けていると感じているからだ。しかし彼らは自分の企画が思うように行かない理由を、組織や上司といった自分以外のものに求めている。企画力を増強するには、数々の企画コンペに挑戦して、実績を積んで行くしかないのである。まずは自分自身の企画力を世間に立証してから、勝負は始まるのだ。是非、企画力向上のために、本書をマスターし、参考にして欲しい。

書籍データ
タイトル 勝てる企画の技術~久保田達也の一流企画書の作り方・見せ方
出版社 ダイヤモンド社
発行年 初版:1992.2
6版:1997.6
価格(税込) 1427円

この本を購入する

自分外自分の発見(1992/PHP研究所)

自分外自分の発見 自分外自分というのは、あなたの潜在能力のことです。そしてその潜在能力からアイディアは湧き出るものなのです。よって、本書の目的は、あなたの潜在能力を開放することにあります。競争社会の中で、記憶力を中心に育ってきた我々日本人は、新しい時代に向けての意識変革が求められる時代を迎えました。その意識は教えられるものではなく、自分の生活と遊びの中で自ら見い出すものです。本書を通して、皆さんが新たなる自分を作り出すのではなく、本来の自分に備わっている力を取り戻してくれることを願っています。

書籍データ
タイトル 自分外自分の発見~自己革新のための価値変換ノウハウ
出版社 PHP研究所
発行年 1992.10
価格(税込) 1,223円

この本を購入する

50日で企画のプロになれるスゴい本(1991/PHP研究所)

50日で企画のプロになれるスゴい本 バブル崩壊後、「実」に携わっている企画マンしか生き残れないという現象が見られる。「実」の企画マンとは、最終的に消費者に喜ばれるものを提供できる能力(=職人芸)を持っている人である。本書はそういった「実」を企画する ためのハウツウを示した。情報を集めることからコンセプト、企画書をつくり、そしてプレゼンテーション、マネジメントといった、考え、発表し、実現し、それをさらにバックアップしていくというトータルな流れに留意して、50日間のプログラム形式でまとめている。

書籍データ
タイトル 50日で企画のプロになれるスゴい本
出版社 PHP研究所
発行年 1991年11月
価格(税込) ----円

殻を破って自分改革(1991/大和出版)

cover_04.gif 本書は、日々の業務に埋没してしまっているビジネスマンの脳味噌にしかける“ダイナマイト”である。
 筆者は日頃から新しい体験を求めて動いている。遊びを、後々どのようなアイディアヒントにするかを考えながら企画し、体験している。なぜなら、体験を通 して自己革新ができるからだ。企画マンの原動力はまさにこの自己革新にある。アイディアとは、進化しつづけて成長する生命エネルギーのような部分に宿るものであり、こうした“変化を楽しむ”ということを怠っては、夢のある発想を生み出す事はできない。本書では、具体的なプレゼンノウハウからアイディアを生 むトレーニング、そしてビジネス生活でついたアカを取り除き、新しい発想を生む脳味噌に覚醒させる方法をアドバイスしている。ソフトな頭で仕事をパワーアップさせたいビジネスマン必見!

書籍データ
タイトル 殻を破って自分改革~「まさか!」がビジネスになる"ソフトな頭"の創り方
出版社 大和出版
発行年 1991年9月
価格(税込) 1,325円

この本を購入する

くぼた・たつやのスーパー企画術(1990/PHP研究所)

cover_03.gif 企画マンにとっての能力は「その人の生活と遊びの蓄積といってよい」。 90年代の消費トレンドはこの“生活と遊び”。従って、これを提供する側の企画マンとしては、当然、遊びのプロでなければならないのである。本書では、企画マンとしての生活と遊びを中心として、情報とは何か、これをどのように受け止め、扱い、そしてアイディアに結びつけるかを、キーワード別にまとめた。各キーワードにつき、4ページずつの構成(内容に対するイメージ写真を含む)となっている。これを読めば、あなたの発想力はレベルアップ!

書籍データ
タイトル くぼた・たつやのスーパー企画術
出版社 PHP研究所
発行年 1990年6月
価格(税込) 764円

この本を購入する

ソフト化時代のゲリラ発想法 ヒット商品が噴出する“久保田方式”(1989/祥伝社)

cover_02.gif 現代は、「本物であり、オリジナリティのある企画をどう生み出すか」の能力がビジネスマンにとって最も要求される時代である。本書は、それに対する有効な発想法として、筆者が15年かけて海外のノウ・ハウを自分流に使いやすく改良し、現実に効果があったものばかりを取り上げてまとめた。筆者の発想法は、「人々が何を求めているか」を常に原点として、自分の足を使って集めた良質で生きた情報の集積から生まれている。
もしもあなたが商品開発に行き詰まっているならば、この本の中のヒゲモジャの心優しいゲリラの勇士に語りかけてみるといい。

書籍データ
タイトル ソフト化時代のゲリラ発想法~ヒット商品が噴出する“久保田方式”
出版社 祥伝社
発行年 1989.6
価格(税込) 744円

この本を購入する

ビジネスゲリラの出番です! −ヒット商品はこうしてつくれ−(1989/日本経済新聞社)

cover_01.jpg ヒト、モノ、店、ソフトに渡るあらゆるビジネスの事象に出没し、クリエーター、プランナー、マーケッター、プロデューサーなどカタカナ職業の顔を使い分け、仕事が遊び、遊びが仕事を旨として、神出鬼没、縦横無尽、無節操に飛び回る黒子的存在、ゆえに「我輩はビジネスゲリラである」と筆者は語る。本書はこのビジネスゲリラ的感覚、視点を感じ取ってもらうために、十数年間の行動軌跡が物語風に描写されている。実際に筆者が行ってきた実践的ハウツーをビジネスのヒントにしてもらいたい。

書籍データ
タイトル ビジネスゲリラの出番です!-ヒット商品はこうしてつくれ-
出版社 日本経済新聞社
発行年 1989年4月
価格(税込) 1,275円

この本を購入する

共著一覧

書名 出版社 発行年
顧客主権革命 PHP研究所 2001.11
電脳への提言 アスキー出版局 1997
知の技術 私の発想 大和出版 1996
ネットワーク共和国宣言 筑摩書房 1996.4
インターネットのしくみインターネットのしくみと使い方、そしてビジネスがいやになるほどよくわかる! ダイヤモンド社 1996.5
インターネットの世界 BNN 1994.7
21世紀型の花形職業はこれだベストセレクション49 実業之日本社 1993.5
マックによる企画発想から提案まで 光栄 1993
世界のパーティー最新事情 主婦の友社 1989.12
考える技術 発想する方法 日本実業出版社 1989.11
集客力 PHP研究所 1988.11
「ハンズ現象」東急ハンズからモノ=コト社会を読む エム・アイ・エー 1986.3